FC2ブログ

オリジナルプリントTシャツ 高知 Tシャツ作成制作印刷

オリジナルプリントTシャツやポロシャツやパーカー作成して作る ご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリジナルプリントTシャツ・ポロシャツ・パーカー・トレーナーを印刷作成して作る ぷりん太 高知

オリジナルプリントTシャツ・スポーツTシャツ・ポロシャツ・パーカー・ブルゾンユニフォームを格安に印刷作成して作るならぷりん太 高知
----------------------------------------------------------------
全国の皆様に大好評中! オリジナルプリントスウェット作ります
スウェット類全般パーカートレーナーパンツなど学生様や保護者様PTA、少年少女ダンスチーム様、少年少女スポーツチーム様など、少年少女習い事スクール全般を作りきりなら10%OFFでお得に激安価格でオリジナルプリントパーカー、トレーナー、パンツを10%OFFでお得に激安格安価格で作成して作れます。
サークルプリントスウェット、部活プリントスウェット、スクール教室プリントスウェットを作れます。
また、プリントTシャツ、ポロシャツ、スポーツTシャツなども10%OFFで作成できます。
おかげ様で全国よりご注文いただいています!
学生様や保護者様PTA、少年少女ダンスチーム様、少年少女スポーツチーム様など、少年少女習い事スクールは
25枚からのご注文で2枚無料プレゼント!
お世話になったコーチや監督、顧問、担任の先生様にプレゼントできます。
----------------------------------------------------------------
誰でも30枚以上のご注文で1枚無料キャンペーン中!
----------------------------------------------------------------
誰でもスウェット10%OFFキャンペーン開催
誰でもパーカー、トレーナー、スウェットパンツが10%OFF価格で作れます。
過去のご注文分追加注文有りで作成されたお客様も期間内ならも10%OFF価格で1枚から前回ご注文時と同価格帯で作成可能です。
サークル、部活、ダンスパンツ、スポーツチームユニフォーム、職場の制服ユニフォーム、イベントユニフォーム、
販売など、お得に割安な価格で作れてパーカーやクルーネックスゥエットで暖まれます。

ゴールド、シルバー、蛍光色が+0円で普通色と同じ価格でプリント出来るのでお得に目立ちます!
■■■ご注文・お問い合わせはコチラからどうぞ■■■
----------------------------------------------------------------

今回もオリジナルプリントTシャツやパーカーとは関係ない、我が家の家族のご紹介です。

福丸登場

福丸 ラブラドールレトリバー 誕生:2018.2.1 オス イエロー

福丸2
▲まさかの登場をしてしまった福丸(2018年3月)


店長が面倒をみらされている福丸…。

ぷりん太には常に犬の影が付きまといます。

他にも犬が3匹いるのに、なぜ新たな犬が必要だったのか?
なぜ店長の家に福丸が来た(来てしまった)のか。

店長の複雑な心境とともにご説明です。


サチの亡き後

我が家には「サチ」という捨て猫が居ました。
病気の為、2018年1月1日に9歳で亡くなってしまったのですが。

お時間がございます方はコチラの「サチ登場」をどうぞ。

サチが亡くなってから、奥さんから毎日のように「猫がどーした、こーした」といった話が続きます。
いかに猫が素晴らしいかと。

が、却下し続けました。 息子は猫アレルギーです。
しかし、あまりにしつこいので「犬なら」と言ってしまったのがダメでしたね。


希望はまさかの大型犬

奥さんの希望する犬種は「シェパード」「バーニーズマウンテンドッグ」。

「何考えてるんだ? 冗談じゃないよ」

と言いました。

我が家にはチワワ×2、コーギー×1と居ます。
特にチワワズ達は大型犬が来たら、もはやエサです。

チワワ
▲迫りくる脅威に気づいてないチワワズ


個人的にはチワワ×3までなら、耐えられると思ったのですが。


店長からの希望

「子供たちと仲良くできる傾向の犬」

「とてつもなく小さな大型犬」

というのが条件です。

息子(9歳:やはり動物好き)も大型犬と暮らせると大喜びです。
娘(3歳)はよく分かっていません。

「まぁ、奥さんには普段から何かと迷惑かけてるか…」

と、どこか諦め気味の店長はソファーとTVボードの高さの寸法を測りました。
映画鑑賞するとき邪魔にならない、目の前を横切ってもモニターを遮らない高さは何センチかと。

結果的に全く意味がなかったのですが。


結果、犬種は「ラブラドールレトリバー」で…

どこか気乗りがしないと思いながらも、話は進んでいきます。

奥さんが見つけたラブラドールのブリーダーさんから、譲渡可能なイエローの子犬(オス)画像を送ってもらいました。

それがコチラです↓

福丸0
▲お世辞にも可愛いとは思えなかった子犬


かなり楽しみにしていた奥さんも、画像を見た瞬間に停止しました。

よくよく見ると「老け顔」ですかね。
なかなか貫禄のある子犬に見えます。

「威厳がある顔じゃないか。 名前は格調高くアルフレッドとか…」

と、自分に言い聞かせてましたが、どうやっても無理だったので今回は辞退しようと。

「じゃ、この一連の犬騒動は無かったことに」

と奥さんに言い残し、その場を後にしました。

正直、気持ちが軽くなりました。
すでに3匹いますからね。 子供達もまだまだ小さいですし。

犬達は可愛いのですが数が増えれば増えるほど、やはり大変なんです。
特に店長にはコーギーのハナが居ますから、必要性も感じていません。


なんだかんだで見学に行くことに…

しかし、奥さんも今回は「他にも子犬がいっぱいみたい」とか何とか言いながら食い下がります。
仕事でもその執念を見せてくれたらと思うのですが。

結局、休みの日に県外まで車で見に行きました。

「通行止め」

「道に迷ってたどり着けない」

などの思惑とは裏腹に、ちゃんとカーナビがブリーダーさんの元へ連れて行ってくれました。


ブリーダーさんに挨拶をし、子犬達を拝見させてもらいました。
そこには生後二ヶ月のコロコロしたラブラドールの子犬達が10匹以上います。

毛並みはブラックばかりですが、やはり無邪気な子犬達は可愛いですね。
みんな人懐っこく、頼まなくても3匹ほど寄ってきます。
抱っこをしてあげると、顔や手を舐め回しながら尻尾もブンブン振っています。

まるで店長が来るのを待っていたかのような子犬達です。

「可愛いじゃないか。 飼ってもいいかな…」

と。

他にもご家族が見えていて、ハンサムなブラックのラブラドールを引き取って帰るところでした。

カワイイ子犬達に囲まれて幸せな時間を過ごしている店長の傍らで、奥さんがブリーダーさんと何か話しています。
ブラックの愛犬候補を抱えて話を聞きに行くと

「大人しい性格の子はいますか?」

などと奥さんが言っています。

確かに。
カワイイんですが激しいんですよ。
子犬でもすでにハナと同じ位の大きさですし。

するとブリーダーさんが広場の隅っこまで行き、フェンスの横で倒れている1匹のイエローの子犬を抱えてきて

「この子はどうでしょう?」


まさかの再会

その子犬を見た瞬間

「!!!!!」

その子犬を見たときは、言葉が出ませんでした。
我が家で確認した例のアルフレッドです。

実物は顔にもっとシワがあります。
たまたま写真写りが悪かったのではなかったです。

アルフレッドは無かった事になっていたので、すっかり存在を忘れていました。
現実に戻された気分です。

ブリーダーさんもこの子犬の売り込みは必死に見えました。
多分、気のせいじゃ無かったと思います。

アルフレッドはブリーダーさんに抱き上げられている時も、憂鬱そうと言いますか終始うつ向き加減です。
関節に力をいれてない感じで、全身ダラーンとし、尻尾もピクリとも動きません。
サイズも他の子犬達に比べて軽く一回りは大く、お腹もボコンと出ています。
歩き方も何というかヨロヨロ気味です。

見た目も態度も人生の峠を越えているかのような、生後二ヶ月の子犬です。

奥さんは

「大人し〜」

などと言って抱いています。
もちろんアルフレッドはうつ向きながら無反応です。


【店長の後日談】

「どう思われて非難されても結構ですが、アルフレッドを選ぶのは本当にイヤでした。 他の子犬達と比較しても、選ぶ理由が全く無いんですよ。 何が悲しくてこの子犬をと。 もういい大人ですから、ブリーダーさんの前でイヤだと言わなかっただけです。 本当にアルフレッドはちょっと変と言うか、異質、異様な感じでしたから。 この子犬を希望する奥さんって、ちょっとオカシイと疑った」


奥さんとの攻防

その後、かなり冷めた目でアルフレッドを観察していた店長は、奥さんと少し話をしました。

店 長「アルフレッドはやめとけ」

奥さん「えー、カワイイのに」

店 長「カワイイ? メガネがいるんじゃないか? それに、雰囲気やサイズが他の子犬と違いすぎる」

奥さん「でもイエローにしようって…」

店 長「いや、気が変わった。 ブラックでいい。 どうしてもブラックがいい(こっちも必死です)」

奥さん「でも、この子売れ残りそう…」

店 長「その時は価格も下がって誰かが引き受けるんじゃないか? 俺達じゃない誰かが」

奥さん「でも、残り物には福があるって…」

店 長「(可能性は高いですが)まだ売れ残ると決まったわけじゃ無いんだが…」

奥さん「…」

店 長「それに、売れ残りならジョーとリク(我が家のチワワズ)を引き取った。 2匹も」

奥さん「……」

店 長「アル、お前も少しは選んでもらう努力をしないと」

アルフレッド「……」

そうは言っても、今回は奥さんの慰労を兼ねた新たな家族の購入です。
個人的な希望は言うまいと決めていたのですが…。

店 長「どうしてもこのお爺ちゃん顔を?」

奥さん「きっといい子に育つと思う」

店 長「そうだろうか…。 うーん。 うーん。 うーん。 福か…」


命名:福丸

奥さんとの激しい攻防の最中にブリーダーさんが来て

「いかがですか?」

と聞いて来ます。

意を決し、声を押し出しながらボソボソと

「このイエローの子犬に…… この子犬に……します。 名前は【福丸】で…」

と、言ってしまった時は何か罪を犯した気分になりました。
名前もレトロな感じに変わっています。


周囲の強敵達に打ち勝って我が家に(奥さんに)選ばれた福丸

我が家は売れ残りや、売れ残り候補を引き取るのが習慣になっているのか…。
他にも10匹以上、十分過ぎる位の選択肢があったのに…。

気の迷いか。
疲れていたのか。
寝不足だったのか。
もう、面倒だったのか。
あまりに売れなさ線だったので可哀想に思ったのか。
なぜ奥さんは止めてくれなかったのか。

見た目で選んだのではないのは確かです。
しかし…。


何かと複雑な心境になった帰路

何だかんだと手続きも終え「じゃ、帰るか…」と、しぶしぶ福丸を車に乗せる時です。

奥さんは車のトランクを開け、移動用キャリーに福丸を放り込むと「バンッ!」とトランクを閉め、さっさと車に乗り込みました。(ここら辺に奥さんの人間性が見て取れます)

「荷物じゃないんだから」

と、見兼ねた店長は、2列目のシートにキャリーを乗せ、福丸から人間が見える位置にセットしました。

帰りの車内では

奥さん「福ちゃんに決まって良かったね」

店 長「(良かった?)」

奥さん「でも、大型犬とか本当に大丈夫?」

店 長「......。 一応、切り札がある」


出生の秘密 巨大化が約束されていた福丸

ここで奥さんからショッキングな発言が。

奥さん「ブリーダーさんから聞いたけど、福ちゃんねぇ、絶対大きくなるって(ちょっと嬉しそう)」

店 長「…すまん。 意味が分からない」

奥さん「福ちゃんが生まれた時ね、普段生まれる子犬の数の半分も生まれなかったって。 だから、福ちゃんは普通の子犬より栄養分がいっぱい・・・(ここからは覚えていません)」

思わず急ブレーキを踏みそうになります。
昔から嫌な予感は当たります。

今の今になって…。

ラブラドールを選んだ理由は何だったのか…。
何のためのソファーとTVボードの採寸だったのか…。
中型犬にしたかったのを我慢し、ほぼ全ての大型犬のサイズを調べた努力は何だったのか…。

奥さんにはラブラドール にする理由を念入りに説明していたのですが。

今まで約20年に渡って幾度もラブラドールの出産に立ち会って来たブリーダーさんが、福丸の巨大化を保証してくれていたのです。

もう福丸は後部座席に居ます。
今からでも引き返すべきなんじゃ…。


【動物病院院長からの評価】

後日、行きつけの動物病院の院長さんが

「最近は大型犬もあまり大きくならないようにする傾向があるのに、このしっかりした体格は今時珍しい…。 この子はきっと大きくなる!!」

と、福丸のゴツい前脚をニギニギしながら言ってくれたそうです。

他の獣医さん達も入れ替わり見に来て

「おぉ〜」

などと感嘆の声が上がっていたと、嬉々として話す奥さんです。

店長的には、言いたい事がここで書ききれないほどあります。

福丸病院
▲動物病院での福丸(2018年8月)


帰りの車内

車内では店長の内に秘めた怒りを察知してか、家族と離れた不安からか、

「キュー、キュー、キュー」

と、福丸が顔に似合わない、可愛い声で延々と悲しそうに鳴いています。

高速道路だったので、サービスエリアで一度止まりました。
少しだけ外に出してあげ水をやりましたがショボーンとし、ほぼ動かず水も飲みません。

「分かるぞ。 家に帰りたいんだろ? 今なら引き返せる。 全然近いし。 一瞬の付き合いだったけど、高速代とガソリン代と今日までの時間は気にするな。 【福丸】という言葉は忘れろ。 いつか誰かに新しい名前をきっともらえるはず」

と、言ってあげたかったのですが、

「福ちゃん! こっちにおいで」

などとやっている奥さんの前では言えませんよね。

そこから一気に帰ったのですが。
高速道路を降り、あまりにキューキュー鳴く福丸を助手席に連れて来ました。

助手席に移って膝に乗せたんですが、やはり重たいんですよ。(帰宅後の体重測定結果8kg)

膝が痛くなって来たので足元に移動してもらった時の画像がコチラ↓

福丸 車
▲ブサイクさを隠しきれない福丸(2018年3月)


福丸的にはウケ狙いではないのですが。
この後、このまま(顔を挟んだまま)寝ました。

やっと家に到着です。

色々な不安と共にラブラドールが登場です。
何とも言えない気疲れが店長を襲います。

子犬といえ、大型犬との暮らしは現在も軽い修羅場です。


世話係:(なぜか)店長

初日から「店長の犬」になっています。
もう訳がわかりません。 

既成事実にされるとマズイので、事あるごとに

「福丸は家族皆んなの犬だ!」

「皆んなの福丸なんだ!!」

と言っているのですが…。


教育係:ハナ

ここで帰りの車内で奥さんに言った「切り札」の登場です。

帰宅するなり

「ハナ、来い!」

と呼び、手をパンパン叩くといつも通り「ハイハイ」と、縄張りのお風呂場から姿を現します。
「うんうん」とハナのお腹を撫でながら、福丸の教育係を頼みます。(犬にすがる店長)

ハ ナ「(福丸を見ながら)ニューフェイス?」

店 長「イエス」

ハナとは普段から英語でやりとりします。
事情を説明すると、ハナも快く教育係を了承してくました。

ハナ
▲店長の期待を一身に背負ったハナ


スパルタ過ぎるハナ

その後、ハナはチワワズとじゃれ合っている福丸のもとに行き

「ゥゴワァ!!!!」

「ガルァッ!!!!」


と、活字にならない声で福丸を威嚇しました。
もう、福丸は恐怖して部屋の隅の椅子の下から出てこれません。

犬の世界は縦社会ですからね。
どこまでいっても我が家ではハナがトップです。

「いや、福丸も大変だな」

と、思いながらソファーから見物していると、全速力で福丸が膝に飛び乗って避難しに来ました。
一体どういうつもりでしょうか? 困りますね、うっかり懐かれたらマズイので。

どうも膝から移動しそうにないので、仕方なく背中をポンポンたたいてあげていると、店長の膝にオシッコを漏らして寝てしまった福丸です。


福丸 膝
▲店長の膝でよく寝ていた福丸(2018年4月)

ハナ福丸
▲遊ぶときは一緒の2匹(2018年6月)


その日の晩、気苦労が重なりすぎ泥のように眠っていると、息子が起こしにきます。

息 子「お父さん、福丸の鳴き声がずっとする。 ちょっと悲鳴っぽい」

店 長「そうか。 お父さんは寝るのが忙しい」

息 子「……。 イジメられてるっぽい」

店 長「そうか。 ハナだろ。 助けてやれ。 ついでに今晩はお前の部屋で面倒見てやってくれ。 お前ならやれる」

息 子「無理」

店 長「そうか」

子供の育て方を間違えました。


仕方ないので、心労で弱った体を鞭打ち、わざわざリビングまで行ってあげて福丸を救出してやり、不本意ながらその日は店長の部屋に「オシッコするなよ」と念押しして泊めてあげました。

こうして福丸と店長の長い長い最初の1日が終了です。


家の中で犬を飼うということ、思うこと

当初、家族(店長除く)に喜んで迎え入れられ登場した福丸。

そんな福丸も2018年10月末で丸9ヶ月となります。
大変元気そうです。 「たまには病気でもしてみろ」と念じるほど元気です。

ブリーダーさんが言っていた「おとなしい」とは一体何だったんだろう?

周囲(店長除く)の期待通り、平均値を越えて成長中です。
残念ながら体重40kgに到達するのも、そう遠く無い気がします。
40kgになったら、記念にキャンペーンでもしましょうかね?

顔のシワも成長と共に無くなり、映画のベンジャミン・ハント並みに、日々若返る数奇な人生を送っています。

福丸1
▲毎日が楽しくて仕方ない福丸(2018年9月)


ラブラドールは大人になる(落ち着く)までが大変手こずるそうです。
例を挙げると

「壊し屋」
「家が壊れる」
「日々が戦い」
「家中がボロボロ」
「家具がメチャクチャに破壊される」

などなど。
これらはラブラドールに限った話では無いと思いますが。

例に漏れず、我が家でも「福丸劇場」が毎日絶賛公演中です。 1日に何度も公演されます。
他のラブラドールの飼い主様のコメントは全て本当です。

しかし、です。

元々、犬は家の中で飼うようにできていないですからね。

「屋内で一緒に暮らしたい」

とやらは所詮、人間様(我が家では奥さん)のワガママじゃないかなと。

福丸も結構な事をやってくれて、その都度注意しますが犬は全く悪くないですよ。(もはや悟りの心境です)


福丸との付き合いは大変ですが、良いところはあります、多分。
ハナが厳しいというのも大いにありますが、子供なりに我慢もしています、多分。

いいヤツですよ、福丸は。


以上が福丸のご説明です。

亡くなったサチの後釜として登場した福丸。

今のところ奥さんが言うところの「福」とやらは、これっぽちも実感がありません。
福丸が店長に「福」をくれるのは何年か先のことだと、もはや確信に変わっています。

でも今はそんな事より、早く「落ち着く日」が来たらいいなと、ハナと共に首を長くして待っています。
(忠犬ハナでさえ落ち着くまで約5年)

オリジナルプリント プリントTシャツを作るなら ぷりん太 高知
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1枚から同額で追加注文できます
価格表内の枚数なら追加注文が無期限で1枚から作成可能です。
ブルゾン類は3枚からとなります※
作りきりプランは除きます。
5千円以上作ると日本全国送料、代引き手数料、振込手数料無料
※10%OFF作りきりプランのお客様は除きます。
※当店期間限定の10%OFFで追加可能プランで作成のお客様は可能です。

■■■ご注文・お問い合わせはコチラからどうぞ■■■
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注目特典
ご対象【学生様】【学校教職員様】【保育園様】【幼稚園様】【託児所様】【PTA】
【スポーツ少年チーム様】【習い事教室様】【全保護者様】

★部活サークルから園の夕涼み会や先生のユニフォームまで。
★サッカーチームやダンスチームのチームTシャツまで。
★英会話スクールや少年少女合唱団から勉強塾まで。
★学校や園やスポーツチームの行事イベント全般を応援します!
★保護者様応援Tシャツも。

1.作りきりなら激安10%OFF特典!!
「追加注文無し+袋入れ無」の作りきりの場合。
オリジナルプリントTシャツやポロシャツが10%OFFで作れます。

2.追加注文有でも常時格安5%OFF特典!!
「価格表内までの枚数+袋入れ無」でご注文の場合。
追加注文時も無期限で1枚から初回ご注文時5%OFF価格のままでオリジナルプリントTシャツやポロシャツやパーカーやユニフォームが作れます。

3.さらにご注文枚数25枚以上で2枚無料でプレゼント!
「5%OFF+10%OFFどちらのプランでも適応可能」
お世話になっている担任顧問の先生に。コーチや監督に。園長先生に。保護者様もご対象です。よろしくお願いします。
詳しくはこちらのページからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
coolbizクールビズ・お店の制服ユニフォームに着用されるなら
どなたでもTシャツ、ポロシャツ、Yシャツ、エプロンなどを問わず5%OFF価格実施中
職種を問わず屋外でも汗をかいても快適な作業着になるドライTシャツやドライポロシャツは好評です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オリジナルプリントTシャツ、ポロシャツ、パーカー、トレーナー、ブルゾンユニフォームを印刷作成します。
オリジナルプリントTシャツを1万円以上作ると日本全国送料、代引き手数料、振込手数料無料で通販します。
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

■■■ご注文・お問い合わせはコチラからどうぞ■■■
スポンサーサイト
  1. 2018/11/14(水) 02:00:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://printa.blog.fc2.com/tb.php/336-7069829e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。